義久のきらくlog

自分の趣味であるゲームやコレクションの紹介、飼い猫との日常などをお伝えしながら、見て頂いた方々にいい時間つぶしができたと満足いただけたらってページです

タグ:ICEBORNE

IMG_1160
今夜も真夜中の展覧会をやっていきたいと思います今回ご紹介したいのは、カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 炎王龍 テオ・テスカトル でございます。ひとつ前に紹介したクシャルダオラ同様に古龍種でMH2(ドス)からの参戦とまた同じく古参です。炎を司る天災の化身とされ砂漠や火山地帯に縄張りとして生息している模様。テオという王を意味する通り、「炎帝」「煉獄の主」とも呼ばれているとのこと。またゲーム内においても強力な火炎放射や爆裂する粉塵を操り狩猟に赴いたハンター達を苦戦させます。特に数刻の溜めとともに放たれる大技「スーパーノヴァ」はまともな対策をしてない勇者を一人残らず吹き飛ばします。

パッケージはこの様になっております
IMG_1162
IMG_1163
サイズ:約H310×W235×D230mm
発売は、鋼龍同様の古参ながら近年の2018年12月、満を持して。

まずは全容をぐるっと
IMG_1164
テオ・テスカトルの特徴のひとつである纏う炎「龍炎」も表現されています

IMG_1165
咆哮(大)が聞こえてきそう

IMG_1166
IMG_1167
丁寧なグラデーション塗装にリアルな立体感を錯覚させられます

頭部はこんな具合
IMG_1173
IMG_1171
ルルルオオオオ」
IMG_1172
迫力…

胴体全体はこんな感じですね
IMG_1174
IMG_1175
IMG_1176
IMG_1177
IMG_1180
こう言ってはなんですが、量産品でありながら造形、彩色に一切の抜かりを感じさせない高品質!素晴らしい

ちなみに
IMG_1181
IMG_1182
ゲーム中ではあまり気にすることがないのですが、リーゼントもご立派です

そして台座
IMG_1183
IMG_1184
IMG_1185
IMG_1186
龍炎に装飾されたなんてことのない岩場ひとつにしても、塗装などに抜かりなし岩です


IMG_1189
旧友対決

IMG_1190
モンスターハンターワールド内では、同一フィールド内にて対面し縄張り争いをする姿をよく見かけることになりました。前作までは同一マップに二体が鉢合わせることはまずなくそんな心配はなかったのですが、タッグ組まれて襲われるとバンザーイ、お手上げですよね


IMG_1195
VSネルギガンテ ワールド初の古龍喰いの古龍との対決
パッケージの再現!?


IMG_1194
なるかと思ったのですが残念ながらの最小金冠サイズのネルギガンテさん。こちらもクリエイターズモデル待ちとさせていただきますね。本日はみかん箱の上からにて

…茶番
IMG_1196
満を持してカイザー装備の登場!!

IMG_1199
え?前回のキリン装備♀のほうが取れ高あるだろ替われって?

IMG_1201
うるせぇぇーーーーっ

IMG_1205
王者の風格クラァァーーッシュ!!(正式名:超高出力属性開放斬り)

IMG_1208
どぉぉぉぉん

IMG_1209
…決まったな、ン?
といった具合でしたがいかがだったでしょうか。古龍種というモンスターの王格(最強とは言ってない)がもたらす雰囲気をばっちり纏った製品だったと思います。それをわずかでもお伝えできていれば幸いです。以上、カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 炎王龍 テオ・テスカトル でした。

IMG_1121
こんにちわ、今回は カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 鋼龍 クシャルダオラのレビューをしていきます。このモンスターはモンスターハンターシリーズの中でも古参で、モンスターハンター2(ドス)という13年前の作品からずっと参加しております。またモンスターハンターの世界観の中でも古龍と種別され、古より存在しながら天災や自然災害の代名詞として伝説視されている存在です。


パッケージがこちら
IMG_1112
IMG_1113
サイズ:約H320×W260×D230mm
2015年11月に発売されましたが、最近再版されましてそれを購入しました。


まずは軽くぐるっと
IMG_1117
IMG_1114
IMG_1115
IMG_1116
開いた翼のボリュームが凄い。鋼龍の特徴である金属光沢やグラデーションでの表現はもうゲームからそのまま抜け出した感たっぷりです


まずは頭部にズームを
IMG_1118
IMG_1119
IMG_1120
ゲーム内での狩猟中は時間に追われ、はたまた彼の繰り出す竜巻に追われそうまじまじと見ることが少ないのですが、ご尊顔。ああ確かにこんな人相っ←!?


光沢あふれる本体に注目
IMG_1121
IMG_1122
IMG_1123
見上げた姿

IMG_1124
背中 広げた翼のグラデーションが美しい


台座にも注目!!
IMG_1134IMG_1131
IMG_1132
IMG_1133
IMG_1136
これはクシャルダオラの脱皮したものだそうです。名前のとおりの鋼鉄の外殻に覆われているのですが永年を生きる古龍はときに錆び付き、脱皮することでまた新たな光沢を得るとのこと。


IMG_1137
見つけたっ!これが伝説の古龍

IMG_1138
…なにもしてこないの?

IMG_1142
脱皮したから、かなぁ

IMG_1153
今日はやめやめ~~
チラッ


IMG_1125
でも面倒な客もあらわる

IMG_1130
小顔のクシャルダオラと同じくらいの頭のサイズの1番くじネルギガンテ、最小クラスの個体かな。こちらもクリエイターズモデルとしていずれ手に取りたいですね


IMG_1155
いかがだったでしょうか。カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 鋼龍 クシャルダオラのレビューとなります。ゲーム内において風を操り竜巻や暴風を駆使してはや13年、強敵としてハンターと向かい合ってきました。愛着のあるハンターさんもいらっしゃるのではないでしょうか。モンスターハンターのモンスターはまだまだ沢山います、その立体物をご紹介させてもらいながらでも今後その魅力をまだ知らぬ方々に少しでもお知らせできたらなと思います。では

IMG_0873
本日もアイスボーンにあやかって、カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 雷狼竜 ジンオウガのレビューをしていきます


IMG_0871
IMG_0872
パッケージ 180×220×120
このジンオウガもまた、モンスターハンターを代表するモンスターで初出場はモンスターハンターポータブル3rd、2010年12月でもう9年になります。全身にまとった電気と隆々とした四肢を武器にプレイヤーであるハンター達と相対します。残念ながらMHW(ワールド)現状においては登場しませんでしたが最新作となるアイスボーンにおいては復帰を噂され期待されています


IMG_0875
IMG_0889
ツラ構え
狼です


IMG_0881
IMG_0890
IMG_0891
IMG_0883
四肢からは重厚な筋力を伝えてきます、捕まったら終わりますね


アングルをいろいろと
IMG_0877
上から
ゴツゴツとした背部、角


IMG_0878
正面

IMG_0885
下から見上げる視点
迫力


IMG_0879
背面、尾にかけて

IMG_0880
この長い尾も強力な武器であり、このモンスターの特徴です。切断できた際には優秀な素材となります


IMG_0882
IMG_0891
IMG_0892


土台にも抜かりのない作り、彼のホームグラウンドであるユクモという温泉地の渓流にある岩場でしょうか


IMG_0893
討伐依頼を受けたハンター
早速の対峙、見切り斬りで迎え撃つ


IMG_0896
大技 鬼人大回転斬り!怯んだ?チャンスか


IMG_0904
すかさず飛び上がり太刀最大の大技、兜割りの構え
あ…


IMG_0907
いつもの見慣れたテロップが流れた瞬間…また頑張ろう


IMG_0908
いかがでしたでしょうか。モンスターハンターのモンスター人気ランキング上位の常連、ジンオウガでした。僕もまたモンハンを遊ぶようになり3年、15周年を思えばまだまだかもしれませんが中二心くすぐる雷属性に、戦場を縦横無尽に駆け回るこのモンスターに魅了されていたものです。それが立体物として目の前にある興奮は言いようもないものであります。モンハンを僕同様好きな方々、そしてこのジンオウガのファンには大満足な作品です。



追記:初版と再版とありまして、立体物特有の個体差というものが激しい商品の模様です。僕は幸い満足できるものを手に出来たのですが塗装の濃淡だったり、粗さがあるものだったりと差が出ているものらしく、通販サイトなどでの購入にはご注意ください

カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデルのレビューが意外と見当たらなかったので自分で紹介してみようと思いました。今年9月6日にこのシリーズのモデルとなっているモンスターが登場するハンティングアクションゲーム、モンスターハンターのシリーズ最新作、モンスターハンターワールド:アイスボーンが発売されるのですが、このディノバルドは前作登場から復帰するモンスターとしていま注目されています。

IMG_0740
まずはパッケージ 2016年12月発売


IMG_0741
裏面など サイズは20㎝×20㎝×18㎝


IMG_0742
箱から解放されし姿!!


IMG_0744
このモンスター一番の特徴である大剣のような尾
もはや金属パーツ使ってる!?いいえ合成樹脂です


IMG_0745
人相はなかなかつぶらな瞳ですね、ていうか拡大しないともはや見えない


IMG_0748
しかしながら凶悪そう…
実際のゲーム内においても好戦的な性格です


IMG_0751
脚部 裏から


IMG_0752
横から
赤、紫、青と綺麗に使い分けたグラデーション塗装が美しい。ゲームそのまま立体化させた印象、素晴らしい


IMG_0756
上から
大剣のような尾についつい目を引かれてしまいますが、背面もなかなかに鋭い



IMG_0758
このアングルも鋭い!


IMG_0762
VSハンター(ディノバルド装備)
大剣対決!!


IMG_0763
斬り結んだっ!!



IMG_0765
力尽きました
ハンターは乙るもの


IMG_0753
といった具合の出来栄えです。元々大量に生産されるようなシリーズではなく、売り切れも早く現状は購入も難しいといった代物ですが、ゲーム内のディノバルドをそのままに立体化してしまったような素晴らしさでした。シリーズ復帰ということで再販の計画などが検討されてるかもしれません、もし前回買い逃した!なんてガッカリされている方いましたら、注視していたほうがいいかもしれませんよ。

↑このページのトップヘ