義久のきらくlog

自分の趣味であるゲームやコレクションの紹介、飼い猫との日常などをお伝えしながら、見て頂いた方々にいい時間つぶしができたと満足いただけたらってページです

カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデルのレビューが意外と見当たらなかったので自分で紹介してみようと思いました。今年9月6日にこのシリーズのモデルとなっているモンスターが登場するハンティングアクションゲーム、モンスターハンターのシリーズ最新作、モンスターハンターワールド:アイスボーンが発売されるのですが、このディノバルドは前作登場から復帰するモンスターとしていま注目されています。

IMG_0740
まずはパッケージ 2016年12月発売


IMG_0741
裏面など サイズは20㎝×20㎝×18㎝


IMG_0742
箱から解放されし姿!!


IMG_0744
このモンスター一番の特徴である大剣のような尾
もはや金属パーツ使ってる!?いいえ合成樹脂です


IMG_0745
人相はなかなかつぶらな瞳ですね、ていうか拡大しないともはや見えない


IMG_0748
しかしながら凶悪そう…
実際のゲーム内においても好戦的な性格です


IMG_0751
脚部 裏から


IMG_0752
横から
赤、紫、青と綺麗に使い分けたグラデーション塗装が美しい。ゲームそのまま立体化させた印象、素晴らしい


IMG_0756
上から
大剣のような尾についつい目を引かれてしまいますが、背面もなかなかに鋭い



IMG_0758
このアングルも鋭い!


IMG_0762
VSハンター(ディノバルド装備)
大剣対決!!


IMG_0763
斬り結んだっ!!



IMG_0765
力尽きました
ハンターは乙るもの


IMG_0753
といった具合の出来栄えです。元々大量に生産されるようなシリーズではなく、売り切れも早く現状は購入も難しいといった代物ですが、ゲーム内のディノバルドをそのままに立体化してしまったような素晴らしさでした。シリーズ復帰ということで再販の計画などが検討されてるかもしれません、もし前回買い逃した!なんてガッカリされている方いましたら、注視していたほうがいいかもしれませんよ。

今回は figma ベルセルク ガッツ 狂戦士の甲冑ver. リペイント髑髏エディションを前verと合わせてレビューしていこうと思います。


IMG_0625
まずは前ver ガッツ 狂戦士の甲冑ver. コミック37巻の付録として登場。


IMG_0626
今回発売されたリペイントver.


IMG_0628
比較 前verの鎧は新品な一方で、リペイントverは血に染まってドス黒くなった印象


IMG_0629
付属品としての差替え手首パーツ


IMG_0630
今verで追加された初期状態の兜パーツ


IMG_0631
ドラゴン殺し比較
上:黒い剣士
中:コミック版
下:リペイントver
黒い剣士→狂戦士の甲冑の時点で鍔元などモデルチェンジ。レビューで悪評だったけど今verの血まみれ塗装は言うほど悪くないと思われるが…


IMG_0632
左:リペイントver 右:コミック版
血濡れてドス黒くなっている左のほうが歴戦感があり強そう。右は右で金属光沢感がありヒロイック


IMG_0633
リペイントver 顔面アップ


IMG_0634
コミック版 顔面アップ


IMG_0635
リペイントver 顔パーツ かなり細かい描き込み


IMG_0636
コミック版 顔パーツ 悪くはないのだけど前verなので…


IMG_0643
股関節が現行品と比較すると雑なつくり。左右連結したボールジョイントに両足がついているってだけなので、簡単にポロリする。スクワット姿勢とかできない為、原作での飛び回るようなアクションを再現するのはかなり無理。


IMG_0649
ちなみに黒い剣士verのヘッドパーツを差替え可能


IMG_0650
一応このとおり…


IMG_0651
両腕も差替えられればほぼ完璧だったのだけど肘関節まわりが噛み合わないので、差替えられなくはないが凄まじい違和感


IMG_0652
肘まわりを隠せればいい感じに、見える


IMG_0655
初登場シーン


IMG_0657
初登場シーンその2


IMG_0659
コミック版にて狂暴化
を表現してみたものの、屈伸がうまくできないジョイントのためちょっと中途半端に


IMG_0660
立ち姿なら特に問題なく


IMG_0661
マント裏


IMG_0662
…すげェ
完全復活って感じだぜ


IMG_0663
意識を撓めるな
頭の芯を凍らせろ


IMG_0664
甲冑の力を最小限引き出し
体が自由になるだけ傷の痛みを抑えろ


IMG_0666
手綱を握るのは
オレだ


IMG_0667



IMG_0668



IMG_0669
斬刀


IMG_0671
怨敵恐


IMG_0678
ガッツさん…!!


IMG_0679
お陰で完全に目が覚めたぜ


IMG_0683
まったく大した大魔術師だぜ


IMG_0684
どういたしまして


IMG_0689
造形は素晴らしいと思いました。しかしながら惜しい、このガッツというキャラは腕だけでなく足、四肢を駆使したアクションをこれでもかってくらい披露するためこの可動域ではポーズ撮りの再現は極めて限られてしまいます。また仕方ないことだとは思いますがドラゴン殺しという大剣がフィギュアに対して手首や腕一本で支えるにはとても重たく、長く固定することはとてもできません。そういった改善を今後に勝手ながら期待させてもらいたいです。

某大手流通ストア的評価風に
造形★5
塗装★5
可動★3
値段★4
総評★4
とさせて頂きます


IMG_8745

S.H.フィギュアーツ ドラゴンボール フリーザ 最終形態 復活


IMG_8746

S.H.フィギュアーツ ドラゴンボール 孫悟空 地球育ちのサイヤ人


IMG_8743
其之三百九 両者ゆずらず!


IMG_8744
きさまがフリーザか…思ってたよりずっとガキっぽいな…


IMG_8747
オラは地球育ちのサイヤ人だ…!


IMG_8748
其之三百十一 肉弾戦


IMG_0707
が…あああ…
ガブッ !!
孫悟空本体ここから 
S.H.フィギュアーツ スーパーサイヤ人孫悟空 超戦士覚醒Ver.に差替え


IMG_0716
手は使わねえんじゃなかったっけ?
サービス期間は終わったのさ


IMG_0720
楽しかったよ…こんなに運動をしたのは本当に久しぶりだった…


IMG_0722
かめはめ波ーーーっ!!


IMG_8753
う…ぐぐ…ぐぁおおーーーっ!!


IMG_8754
いまのはいたかった…
いたかったぞーーーーーっ!

IMG_0723
ほんの少しずつでいい
元気をわけてくれ…!!


IMG_0729
さあどうした!なにかの攻撃をするんだろ!?


IMG_8756
もうここまでだ!この星もろとも貴様らをゴミにしてやるーーっ!


IMG_0730
よし!できたぞ!!


IMG_0733
こんなもの…!!!
こんな……もの!!!
こっ

↑このページのトップヘ